EY Japan Group

地図を読み込んでいます...

日時またはエントリー期日

Date(s) - 04/16/2018 - 12/31/2018
終日

イベント場所または所在地

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

カテゴリー


図1

グローバルビジネスを日本から変えていく

EYは世界150カ国以上の拠点を持ち、あらゆる企業・組織が抱える課題の解決支援に20万人以上のプロフェッショナルが携わっています。
EYアドバイザリーで働くということは、世界的なクライアントと、プロフェッショナルである私たちの仲間に繋がり、世界経済の最前線に立つということを意味します。そして、クライアントの持続可能な成長を支援する役割を担います。
もしあなたがコンサルタントとして、未来のグローバルビジネスを開拓したいと望むのであれば、EYアドバイザリーは、スピード感あふれるエキサイティングなビジネスの最前線へあなたを招待します。

Global Area ─1国1エリアは日本のみ─

EYはアドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションの分野における世界的なリーダーです。提供するサービスの品質において徹底した責任を果たしており、多くのステークホルダー、そして社会の可能性の実現に向けて、プラスの変化をもたらすための支援を続けています。
EYは世界に展開する150カ国以上の拠点を4つのエリアに統合しています。
▶Americas
▶EMEIA(Europe, Middle East, India, Africa)
▶Asia-Pacific
▶Japan
これにより迅速な意思決定、提供サービスの品質管理、ボーダーレスなチーム編成を可能にしています。なかでも1国1エリアとしている日本は、重要度が高く注目されています。

EYアドバイザリーで得られる経験

EYアドバイザリーは、クライアントが抱えるさまざまな経営課題に対し、最先端かつグローバルな視点と実行力で各種最適なアドバイザリーサービスを提供しているプロフェッショナルファームです。全てのコンサルタントが最高の効果を得られる高水準なトレーニングを整備しており、各々が優れたビジネスリーダーへと成長できる環境を整えています。
EYの人財開発プログラム『EYU』(EYとYou)は、個々人の適切なキャリアプランを支援し、目標達成に必要となるトレーニング・業務・指導・コーチを組み合わせるグローバルフレームワークです。
そして私たちのクライアントの多くは、グローバルで存在感を示す企業や組織です。そのクライアントの成長に対し、極めて重要な責任を持つEYアドバイザリーでの業務において、あなたは新たな人々に出会い、新たな考え方を発見し、驚くべき速度で成長していくでしょう。

求める人物像 ─私たちとより良い世界の構築を─

コンサルタントはクライアントから「コミットメント」を求められます。改革やTo-Beモデルを実現するためには多くの矛盾を明らかにし、客観的事実を積み重ねて本質的課題を洗い出し、明確に実現ステップを提示することが必要です。そして実行フェーズにおいては、常に困難をステークホルダーと共有し、最後まで共にやり抜く推進力と実行力が重要になります。クライアントファーストで問題を捉え、ブレない意思で強いリーダーシップを発揮することが大切です。クライアントの期待を越えるアウトプットこそが私たちの価値となります。このようなマインドセットを理解いただける方からのご応募をお待ちしています。

EYアドバイザリーで私たちと共に価値を創り出し、社会に良い影響を与えませんか。


理系歓迎

募集職種 / イベント詳細

2018年のイベント情報は随時こちらに掲載します

募集職種 EY Japan Group の各部門のポジションから応募可能です。

詳細は当日人事&先輩社員より説明があります。

対象者 ・2020年10月までの入社が可能で、かつ、日本語および英語がビジネスレベル以上の留学生の方
仕事内容 Finance Transformation
・ファイナンス組織の機能強化、改善
・ファイナンス組織のプロセス効率化(決算早期化含む)
・予算管理の高度化、改善
・IFRS の導入
・業績評価制度の導入または見直し
・シェアードサービスまたはBPO(アウトソーシング)への移行
・シェアードサービス(SSC)Supply Chain Management
・グローバルSCM 改革(OME※)
・グローバル原価管理の強化
・S&OP 導入によるSCMの高度化(S&OP:Sales and Operations Planning)
・在庫、物流拠点の最適化
・需給計画、実行プロセス改革
・直接材、間接材購買コスト削減
※OME(= Operating Model Effectiveness ) とは、サプライチェーンを始めとした事業構造やオペレーションの最適化に加えて、税務的なメリットも確保することを目的としたソリューションのフレームワークのこと。Customer Relationship Management
・CXT(Customer eXperience Transformation)
・SFE(Sales Force Effectiveness)
・EC(EC事業化)
・DS(Data Science(Data Analytics))
・CCE(Contact Center Effectiveness)People and Organizational Change
・トータルリワード&タレントマネジメント
・HRトランスフォーメーション&BPO
・ダイバーシティ&インクルージョン、グローバルサービス
・人材育成&人材開発IT Advisory
[Strategy]
・CIOサポート/次期CIO育成支援
・IT戦略策定支援
・IT投資対効果分析、IT化計画策定支援
・ITガバナンス、標準化支援
・ITプログラムプロジェクトマネジメント支援
[Application]
・ITグランドデザイン策定支援
・アプリケーション構築、導入支援業務改革、定着化支援
・既存システム改善支援
[Technology & Architecture]
・イノベーティブテクノロジー導入支援
・システムアーキテクチャデザイン支援
・EA導入支援
・TCO削減支援
・情報セキュリティガバナンス向上支援Strategic Direction
・経営戦略の策定支援
・データアナリティクスによる企業ケイパビリティの強化
・中期経営計画策定
・経営管理見える化
・全社的コスト削減
・新規事業立ち上げ
・グローバルプログラムマネジメント
給与 年俸制 450万円(昨年度実績)
諸手当 各種社会保険完備、交通交通費、その他
勤務地 東京・日比谷ミッドタウン(本社)/海外赴任もあり
教育システム ・EY Global Training
・EY Japan Training
・EY Advisory Training
※Online Training
イベント情報  10月に北米の大学でオンキャンパスリクルーティングを実施。

※詳細は近日公開

選考フロー 1.オンキャンパスリクルーティングにて一次面接
2.ボストンキャリアフォーラムにて最終面接
応募方法 「セミナー・イベント情報」のページより希望の会場を選択の上、必ずエントリーをしてください。
問い合わせ abroad採用事務局 recruit@abroad-inc.com

エントリーする

このエントリーは閉じられました。

会社エントリーカテゴリーの記事